任意整理を理解する


債務整理の中でも1番身近活、大勢の債務者が選択する方法に任意整理が挙げられます。これには債権者との返済条件面での再交渉から、元金だけを数年間の分割返済で合意して貰う「譲歩」を求めねばなりません。既に債務者は信用面を失墜させてしまっている状況下、弁護士の手腕が問われる交渉であり、和解成立後は新たに双方が合意した返済スケジュールに沿っての返済を継続せねばなりません。

この任意整理のメリットとしては、家族など周囲の第三者に知られずに進められる、債務者が債権者を選択出来る、自己破産のように事故歴が官報に掲載される事は無く、表面上日常生活に特に支障が見当たらない点が挙げられます。対してデメリットとしては、信用調査機関すなわちブラックリストに載ってしまい、一定期間は新たなローンが組めないなど、経済社会に於ける信用度を失った状況が避けられぬ点が見過ごせません。

また和解案通りの返済が再度滞ってしまった場合、債権者からの一括返済請求、更には法的処置として給与や預貯金の差し押さえに至っても文句は言えず、背水の陣での借金問題解決である事を理解からの完済が絶対条件です。こうした肝に銘じておくべき点に関しても、弁護士から丁寧な説明が届けられますので、凛とした姿勢で理解に努めてください。