借金問題と債務整理


弁護士に借金問題を相談から、ベストと判断される債務整理方法を選択し、実際に弁護士に対応を依頼する段階に至る流れを「弁護士に委任する」と表現します。いわば借金問題解決を正式に依頼した状況であり、この契約が締結された段階で、債権者から債務者への取り立て行為は一旦中断され、精神的なプレッシャーから解放されます。ですが債務整理とは本来の利息を含めた返済能力を失った債務者が、自らも何らかのペナルティーや制限を負う事で、返済金額や方法の譲歩を債権者側にお願いする作業が含まれます。既に度重なる延滞を生じさせた段階で、債権者は債務者を「信用ならない存在」と捉えて当然であり、こうした感情面をも踏まえ、借金問題解決を「合意」という着地点に導く手腕が求められるのが弁護士であり、この作業を債務者自らが成し得る事は、極めて困難で当然です。

また債務整理には四種類の異なる選択肢が存在しており、債務者が置かれた現状や返済能力など、総合的な検証作業を通じ、果たしてどの手法が最も適しているのかを、正しく見極める作業も求められ、これも債務者の独断では難しいと言わざるを得ません。ここでは債務整理の中でも1番最初に視野に入る「任意整理」にスポットを当て、弁護士への相談から実際の作業の進め方など、借金問題の具体的な解決に向け、ぜひ事前に理解しておきたい関連知識と押さえておくべきポイントを、みなさんと一緒に検証してみたいと思います。